色々な種類がある目頭切開!W法やZ法でイメージチェンジしよう!


W法ってどんなものなの?

目頭切開なら、蒙古ヒダをカットすることで、目を大きく見せたり、左右の目の間の余白が小さくなったかのように見せることが可能です。蒙古ヒダを少し切り取るだけですが、その方法には複数の種類があります。多くの美容クリニックで主流なのが、W法や内田法などと呼ばれる方法です。皮膚を切除する時に傷口を引っ張ることがないので、三日月単純法と比べて傷跡が残りにくくなっています。手術から三か月経過するころには、メイクで傷跡を消すことも出来るでしょう。

W法の施術を受けた後、半年から一年経過するころには、すっぴんでも傷跡がほとんど見えない状態に回復しますよ。患者さんの本来の目の形や、本人の要望に合わせて自由にアレンジすることもできるので、違和感がなく自然な目頭を作れるはずです。もし修正手術をしたくなったら、逆W法などで対応してくれます。美容クリニックの中には、W法をさらに改良した方法で施術をしているところもあるんですよ。

ところでZ法って何なの?

W法以外にも、Z法という目頭切開法もあります。蒙古ひだの部分に、アルファベットのZに似た形の切れ込みを入れた後で縫合する方法です。W法と比べると、劇的に目の印象が変わるわけではありません。皮膚を切除するわけではないので身体の負担は少なく、ダウンタイムが短いという点は長所だと言えるでしょう。なるべく目を整形したことがばれたくない、ナチュラルな仕上がりの方がいいという人にはこちらがいいかもしれないですね。

小陰唇縮小は肥大して形が崩れた小陰唇を整形して小さくする治療です。見栄えが良くなり、圧迫感を増大させて性的な刺激を強くする効果がありますが、激しい運動を行うと縫合部分が裂けることがあるので注意します。